経営計画書の意味

経営計画書を作る必要がある時、今まで全くこうした書類に経験がないと、なにからどう手を付けていいものか、正直困ってしまうと思います。

何を書けばいいのか?何を基本にすればいいのか?ある程度の目標があってもそれを「経営計画書」という書類に仕上げるのは経験無くしてとても難しいことです。

経営計画書といっても、新しく事業を開始する場合に作成する事もありますし、銀行などの金融機関で借入を行い、返済が苦しくなった場合にリスケジュール交渉を行う際にもこうした計画書の提出を求められることがあります。

いずれにしても何をどう書類にしていけばいいのか、わからないことだらけです。

でも例えば今、事業が順調にいっていても大型融資が必要になった場合、やはり銀行等金融機関からリスケジュールを求めることもあります。

何もなくても、しっかり経営計画書を作成しておくと、様々な面で安心なのです。

経営計画書は経営者、従業員の指針となるべきものでもありますし、それを対外に示す指針となるものです。

企業が目指すべき経営の姿が示されているのがこの書類のあるべき姿です。

経営が今、順調で何の問題もないという企業でも、計画性のない事業はいつか破綻します。

もし経営に不安が出てきたとき、その建て直しの指針となるものを作っておけば、自分たちが目指す道を明確に感じる事が出来ます。

企業の将来、目指す姿を明確にする企業の為の設計図、それが計画書なのですから、従業員と経営者共に企業が求める理想の姿を書類にしておきましょう。

小山昇の経営計画書による経営コンサルティングのように、実際に成功した経営者のサポートを受けられるサービスもあります。

より効率的に売上アップなどに繋げたい方におすすめです。